Turbosound iP500 実践レビュー ~ 運搬や設置の仕方から使い方、観客の感想まで

Turbosoundのパワードコラムスピーカー iPシリーズのコンパクトモデル iP500は、8インチサブウーファーと2インチ ネオジウムドライバー(6個)による優れたトランジェント再生とパワフルな低域で、小規模PAとして人気の機種です。

2019年初秋にスタッフTがiP500を小さなライブバーに持ち込み、ライブPAを行ったのでそのレポートとiP500のレビューをしていきます。

これまでiP500に興味はあったもののよく分からなかった方や、ポータブルなPAシステムの使い方に疑問を持っていた方。バンドで活動中のミュージシャンやカフェのスタッフさんにもわかるように噛み砕いて書いていきながら、最近話題のコラムスピーカーについてご紹介します。

Turbosound iP500

  • 600W パワード・コラム・スピーカー
  • 8インチ・サブウーファー
  • 6 x 2インチ・ネオジムドライバー
  • KLARK TEKNIK Spatial Sound Technology
  • 3チャンネル・デジタルミキサー
  • iPhone / iPadリモートコントロール
  • Bluetoothオーディオストリーミング
●Turbosound iP500の機能とスペックの詳細はこちら>>

コラム・スピーカーとは

複数の小口径のスピーカーユニットがコラム(柱)型キャビネットに収まったスピーカーの総称。iP5001本につき2インチのネオジウムドライバーが6個搭載されていて、縦方向に非常に高い指向性を持ちます。

上下に音が広がりにくいという特徴があり、一般的な箱型スピーカーと比較して「天井や床面からの反射の影響による残響が少ない」「ハウリングしにくい」という特徴があります。コラムスピーカーまた箱型スピーカーの音波が球状に広がるのに対し、コラム型の音波は線(円筒)状に飛びます。コラムスピーカー

     

    あくまで理論ですが、『スピーカーからの距離を倍にした場合の音エネルギーは、箱型は1/4-6dB)に。コラム型は1/2-3dB)になる』ということが言われています。つまり、コラム型のほうが音量や音圧の減衰が少ないままより遠くまで音を届けることが可能だということになります。

    小さな音量でも遠くまで聞かせられるほか、会場の後方まで音を届けるために音量を上げると最前列は大音量で耳が痛いということも軽減されます。これらの特性を利用して従来、コラム型スピーカーは残響が多く、大きすぎない音量で隅々まで音を届ける必要がある空港や体育館、教会などで利用されてきました。

    しかし迫力ある音楽ソースを楽しめるほど低音の再現は得意ではありませんでしたので、iP500は土台に8インチウーファーを内蔵。KLARK TEKNIK Spatial Sound Technologyにより最高域から重低音まで自然な音の繋がりで明瞭な音楽ソースを再生することを可能にしています。


    会場

    会場は横浜市天王町にあるOrange County Brothers。バーカウンターをいれて約50平米ほど。ステージが客席と同じ高さに設置された老舗のライブバーです。

    ORANGE COUNTY BROTHERS
    横浜市西区浅間町5-388-3 3階
    TEL 045-313-9074
    定 休 日/月曜日
    公式WEBサイト http://ocb.zouri.jp/

    この日はアコースティックギターの弾き語りから4人編成ロックバンド、打ち込みのEDMユニットなど多彩な出演者。EDMの空間表現を再生するためにiP500はステージの上下(かみしも)にステレオペア(2本)で使いました。マイクとミキサーはお店に設置されたものを使うため、持ち込みはiP500と(店ミキサーと繋ぐ)ラインケーブルのみです。


    運搬

    2台のiP500は輸送箱に入れたまま日産 NOTEの後部座席に余裕で乗せることができました。iP500はコラム部とウーファー部を小分けにして運搬できるため、たとえ軽自動車であっても積むことができます。

    実はこのライブの後、iP500を遠方まで送ることになったのですが、それぞれの箱外寸が3辺160cm以内なのでクロネコヤマトの宅急便で送ることができたのです。これはいざというときに非常にメリットになるのではないでしょうか。

    ※iP500にはコラム部とウーファー部それぞれにトランポートバッグが付属するため、さらにコンパクトに運搬可能です。


    設置

    ムービーの通り、設置は1台50秒未満で完了。あとはミキサーからのラインアウトケーブルと電源ケーブルをパチパチと繋ぐだけです。


    セッティング

    設置が完了したら2台のiP500をBluetoothで無線ペアリングさせ、iPhoneにインストールしたAppでゲインやEQなどの調整をして終わりです。運搬から設置、セッティングまですべて一人で完遂させることができました。

    iP500クイックスタートガイドはこちら>>


    ライブが始まって

    本番が始まってからiP500の調整をすることはほぼありません。あえて言うならばEDMユニットの際に4つ打ちのキックを力強く聴かせるためウーファーのゲインを+-0dbから+2dBへと調整したのみです。これは客席の中からiPhoneで行いました。


    観客と出演者からの感想

    5時間に及ぶライブを無事終えることができ、出演者や観客からは音の良さについて感想が続々と寄せられました。

    • アコギ弦の繊細な響きがよくわかった
    • 声のリバーブの響きがよく聴こえて気持ちよかった
    • 会場全体を音が包み込んでいるような感覚で感動が深まった
    • (打ち込みバンドの)キックとベースの迫力があって踊れた
    • 店が明るくなるまでスピーカーがここにあると分からなかった
    • 普段より音楽を楽しめた。酒がうまくて飲みすぎた

    など。

    変わったところでは「音がクリアで迫力があるので自宅で映画を見るために使ってみたい」という意見もありました。


    最後に

    指向角100°H (-6 dB)の広いサービスエリアと最大118dBのSPLでお客さんにとって満足度の高いサウンド。ハウリングの強さとスマートな外観で出演者も安心して演奏に集中できるサービス性。さらにコンパクトでたった一人で運搬からセッティングまで運用できる機動力の高さ。このライブでiP500の可能性を感じました。

    iP500の特徴まとめ

    • ウーファー部とコラム部で箱が別れていて宅急便でも送れるコンパクトさ。軽自動車の後部座席にステレオペアで置けます。
    • 運搬から設定まですべてをたった一人で運用できます。
    • 1台1分以内で組み立て可能。15.1kgの超軽量なので、組み立て後の移動も一人で。
    • 見た目がスマートなため狭い会場でも見た目の圧迫感を感じにくい。
    • ステレオペアで使用する際はお互いをBluetoohでリンクさせることが可能。1台を設定するともう片方も連動するため上下手に走り回る必要はありません。
    • iPad/iPhone Appでゲイン、ウーファーゲイン、EQ、ルームポジションの最適化など様々な機能を操作可能。
    • 水平100度の広いサービスエリアに解像度の高いワイドレンジなサウンドを提供可能。EDMなどの音楽ソースも楽しめます。

    Turbosound iP500の機能とスペックの詳細はこちら>>

    常設も視野に入れたハイパワーも。iPシリーズ全ラインナップはこちら>>

    Ip500Turbosoundポータブルpaライブ